お気に入りの画像です

ちょっとウブ毛があって
ねじれ気味

ソフトで美しい形をした蕾です

思わず触れてみたくなるけど
触れると壊れてしまいそう















開花するとこんな感じに
タランと下を向いたまま

思わず覗き込みたくなります





                  





花芯は黄緑色
花びらはすみれ色、
色のコントラストが美しい花です

とても涼しげで可憐な花ですが
花持ちが今ひとつ

ちょっと強い風に吹かれると
はらり......
と落ちてしまいます













まだ開ききっていない花達

花の中に太陽の光が届いていないので
紫が少し濃く感じられます












Campaniflora 'Lisboa'

カンパニーフローラ・リスボア 
(世界の原種)




花期 : 6月〜9月
花径 : 1.5〜2.5cm
花色 : 花芯は緑色がかった黄色
     花はすみれ色、中央と茎部が白色
草丈 : 2.5〜4m
剪定 : 強

小さなベル形が可愛らしい花です

弁端が外側に反り返ります

花つきが良く生育旺盛、枝はよく伸びます

樹木にからませると引き立ちます
資料によると花径は大きくて2.5cmとなっていますが
我が家で咲いた花達は3cm以上あった様に
思います










一番いき良いよく咲いている頃の画像、
2002年6月初旬のものです


他のクレマチスより花持ちは短いように
思います

ふと気がつくと風で落ちた花が
ベランダに転がっていたりして

風で落ちてしまうせいか
この花に限っては、
花がらを摘んだ覚えがありません


カンパニーフローラは強剪定なので
今年3回ほど剪定しました

私の育て方が間違っていたのか、
あるいはやはり特別暑かった今年の夏のせいか
剪定後、つるは伸び、葉も沢山つくのですが
花が咲いてくれたのはこの第一期のみでした

生育旺盛なはずなのになぁ.....

2002年11月現在も沢山の葉をつけています


手前に咲いている花は、シロマンエです



                                                              


画像クリックで お好きなページへジャンプしてください

モルフェルディーアイのページヘ

モルフィルディアイ
ハンショウヅルのページへ

ハンショウヅル
シロマンエのページへ

シロマンエ



クレマチスTOPへ

クレマチス Top へ



Flower Top へ

Flower Top へ