以前から欲しかったシロマンエが家に届きました

その日からこの美しい花が見たくて
毎日せっせと水遣りに励み
花が育つその過程を記録に残しました

この夏、私が魅せられたクレマチスです














なんとも神経質そうで、繊細な蕾


外側の花びらが開き始めると
中心からまぁ〜るい物が姿を現しました





外側の花びらがかなり開き始めましたが
もまだクルリッと内側に
まいています




中心の花びらが変化を見せ始めた頃

花びらが開き始めました
私はこの頃の姿が一番好きです
ちょっと曇った日はこんな感じの
美しい色合いになります



かなり開いてきましたねっ
この日は晴れていたので
本来の花の色がでました
白に薄いライムグリーンです
この姿も美しいでしょ!


やっと満開になりました
満開になると一気にゴージャスになります

満開になっても花芯はまだまだ
開きそうな勢いです

実はまだ開くのではないかと
毎日花芯を覗いていた頃です










そしたら...

花芯と思っていたところが
にゅーっと伸び始め
なんとそれは果球でした

この後、突然枯れてしまったので
今年、残念ながらこの続きは
見られませんでした


な、なんだこの形は
まるで映画エイリアンの口のようだ!(>ω<)














白万重 シロマンエ (世界の原種:フロリダ系)



花期 : 5月〜11月
花径 : 5〜10cm
花色 : 花芯は薄黄緑色、花はグリーンがかる白で八重咲
草丈 : 2.5〜3m
剪定 : 中〜強


雄しべが弁化したテッセンの枝変わり種
咲き始めは薄い黄緑色で、開花すると白くなります
新梢から伸びた側枝に次々と花をつけ、約2ヶ月間咲き続ける

四季咲き性で花持ちがよく、
花後に剪定すれば晩秋まで咲き続けてくれます

冬の寒さにやや弱いのが難点

種名の「フロリダ」は「花咲く」の意味だそうです(^O^)


前年の古い枝にも、新しい枝にも花をつける
新旧両枝咲きです
フロリダ系テッセン⇒


Seedheads (果球) について

クレマチスは花が終わってから1〜2週間すると、果球ができます
風に乗って飛びやすいように長い尾のついた種子が、何十個もついています
その形は手鞠、毛糸玉、渦巻き、線香花火とさまざまです

その形の美しさから日本では茶花として使われてきたそうです











我が家のシロマンエは...

2002年初夏、次々と花が咲き始め、
毎朝見るたびに色々な表情を見せてくれました
まるで一つの花とは思えないほど

すっかりシロマンエに魅せられた日々が続き、
蕾の開き始めから満開まで楽しませてくれる品種でした

ところが...
今年の暑さに負けてしまったのでしょうか
夏真っ盛りの頃、突然枯れてしまいました

育てるのが難しい品種と聞きましたが、
順調に育っていたのでかなりショック!

とりあえず剪定して
枯れ枝となった鉢を見ては嘆いています
来年はどうなるのかなぁ...

また芽が出てきてくれるとよいのだけれど

あの夢のような美しい花をまた見せてくれることを願って
お水と肥料を与え続ける日々を送っています







                                                              


画像クリックで お好きなページへジャンプしてください

モルフェルディーアイのページヘ

モルフィルディアイ

ハンショウヅルのページへ

ハンショウヅル

カンパニールローラ・リスボアのページへ

カンパニーフローラ
リスボア





クレマチス Top へ





Flower Top へ